MotoWeb-Log

アクセスカウンタ

zoom RSS 南信秘境・激坂・パワースポットめぐりツアー#2 〜 PGBT夏合宿2016

<<   作成日時 : 2016/07/26 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ディープサウス南信、超ド秘境めぐり、 初日編後半。

→ 初日編前半の様子

■ 下栗の里 〜 しらびそ峠 □ ■
〜 ヒルクライマー達の宴か? 南アルプスの幻か? 〜

 現在、 ココ下栗の里・半場の標高は看板によれば 1,042 m。
食後も引き続きサポートカーを運転してる、 自力バイクで登る気が全くない幹事まっちゃんより、

「ここからしらびそ峠(1,833m) まではヒルクラTTを予定してますが...」

...。
しばし凍り付く満腹感に包まれた我ら。 
いつもならみんなを無理やりでもけしかける側のドS番長(ドM番長でもある)ケンタロ氏も今日ばかりはおとなしい。  理由は後述。

「...は、 いいですか、 やめときますか。 (微笑)」

てな感じで、 各々のペースに合わせ、 昼のカロリーを鋭意消費すべく、 残り標高差800m、 約14kmの山登りにイザ出発!

雲に手が届く
下栗以降、十数%の勾配が続く激坂を流し気味に登り続けると、アレ?雲に手が届いてしまった。
登った先には眼下に広がる雲海が!
...みたいなファンタスティックな展開は訪れず (^^;)。 先行し過ぎたので暫し後続を待つ。


ドS海賊
あ〜クッソー!!いつまで続くんだこの坂ァァ〜
...と悪態をつきながら登ってきたこの男、 リーマンながらMTBエリートにして、 今年春の王滝SS部門を2位に圧倒的な差で制したりと全国各地の野山を荒らしまくる、ドS(かつドM)海賊。  我ら同世代リーマンチャリダーの★星☆です。

...が、 いつもなら皆を引きずり廻しまくった挙句、 男子小学生がごとく「オレすごい」アピール 賑やかなことこの上ないコヤツ (で、 それが許される愛されキャラなのよね〜)、 今日は流しペースの僕にすらついてこれない。 いつもの元気はどうした?

それもそのはず、今朝、集合場所の飯田(喬木村)まで
一人朝4時出発で150km自走して現地集合とか...ア・ホ・かっ!(笑)

しかし、3年ぶりに一緒に坂の手合わせできるのを楽しみにしてたのに、 目立ちたいが為にそんな余計なハンデ=言い訳作ってくるなや〜。

...が、思うのである。
彼からすれば多分、 そんなハンデをくれてやってもなお、 ボク(ら)を圧倒して余りある自分を存分に見せつけられる自信があったのではあるまいか? 悪いがそこまで甘くないぜ!

まぁカーボンロードよりは重いチタンCXバイクなのは仕方ないとしても。
といっても、 マイ通勤黒森 GIOS 号よりは軽そうです。


隕石クレーター
地形ファン垂涎のパワースポット、御池山(おいけやま)隕石クレーター!!
看板ないとサッパリわからん。  いや、あってもサッパリわからん(笑)。
遥か宇宙の彼方より、 ダークエネルギーをガッツリ頂きました(イミフ)。

(実際、 御池山エコーラインはクレーター縁より内側を通り、 クレーター内は「負の重力異常」が観測されるそうな!
そっかぁ、 なんかこの辺、 登ってく体がいつもより心なしか軽いな〜って思ってたのよ〜(ウソ)。 
って、ジツはこの辺けっこう平坦でしたが...それが理由かっ (^^;)


■□■□ そして、 念願のルート最高点へ!

しらびそ峠
しらびそ峠。
え?ここ凄い景色いいらしいって? いやいやうそでしょぉ〜。  騙されませんよ〜。
南アルプスな大展望パノラマぁ? 何言ってんの? ただただ白いだけぢゃんっ!


■ しらびそ 〜 地蔵峠 〜 大鹿村 □ ■
〜 中央構造線の懐に抱かれて 〜
地蔵峠付近
地蔵峠そばで、またもやこりゃなんや? 宗教的な…しかも密教的な何か?
ここでも霊的なパワーをチャージし...
峠自体(標高 1,314 m)はちょっとした登り返しといった感じで、 大したことはありませんでした。



 そして畳み掛けるように矢継ぎ早に訪れる更なるパワースポット!...なななんてルートなんだ!

安康露頭
初日のパワースポット巡りのハイライト(?) らしい 中央構造線断層 「安康露頭」
三つ見える黒い縦帯のうち、 右の黒帯の左端が構造線の境界とか。

← 境界左が 「内帯」(日本海側) : 領家変成帯の岩石(主に花崗岩)の破砕岩、  
→ 境界右が 「外帯」(太平洋側) : 三波川変成帯の岩石(主に緑色片岩)の破砕岩

...だそうです。 体の奥底からうち震える感動で、 涙を禁じ得ません (ウソ)。


 ...しかし、 今まで 「中央構造線」「フォッサ・マグナ」そして 「糸井川(-静岡)構造線」 を混同してましたねー。 違いを考えたことなかったというか。  勉強になりますね。 ちょっとした社会科いや理科見学というか。


 とかなんとか盛り上がりつつ、 やってきました大鹿村
ホンマにここは中央構造線という日本列島屈指の断層帯に沿った谷間を進んてきた先なんですね。
なんでも、「日本で最も美しい村連合」加盟村落らしいですよ。

最後の最後に宿までの短い登りでヒルクラ合戦に。
仕掛けてきたのはやはりあの男… がしかし悪いね、今日は圧勝させて頂きました。(^^)v


お疲れさま!
みんな初日お疲れさま!



→ そして秘境・激坂・パワースポットライドは二日目に続く。






バッタの甘露煮
 本日最後のパワースポットの締めはこの...、もとい、パワーフード(たんぱく源やし ^^) をしっかりいただき、 明日も頑張んべ!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南信秘境・激坂・パワースポットめぐりツアー#2 〜 PGBT夏合宿2016 MotoWeb-Log/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる